CFDにおける証拠金取引とは?日経225先物を事例に解説

>

金融取引でもっとも大切なモノといえば、何は無くともタネ銭、お金です。

特にCFDやFXというレバレッジ商品を扱う場合、余裕資金はいくらあってもOKです。

と、いうのもレバレッジ商品は株などと違い「買った(売った)価格の何倍もの利益・損失を出す可能性がある」金融商品だからです。

例えば、100万円の株を買った場合、最悪の上場廃止なんてことになっても買ったときの100万円以上の損を出すことはありません(信用取引は除く)が、CFDを100万円分建てると、値動きの予想がハズれた場合200万、300万という損を出す可能性があるのです。

もちろん当たった場合は、コレがプラス側になるので、それが魅力でもあるのですが、とにかくCFD取引は諸刃の剣であるということは念頭に置いておく必要があります。

すこし戻って「レバレッジ」とはどんなものかということを復習しておきますが、簡単にいうと「本当の値段の何%かのお金(担保みたいなもの)で、売り買いできる仕組み」です。

たとえば1000万円でマンションを買って、200万円ほどを頭金にして、残りの800万円をローンにしたとします。

ところが、頭金を支払った直後、そのマンションを1200万円で買いたいという人が現れました。

そこで、すぐに売ってローンも一括返済しました。

このとき、手元には1200万円-800万円で400万円が残っていることになります。

200万円で1000万円の物件を買って、その物件が20%値上がりしたところで売却すると、手元の資金が200万円→400万円で50%増えたことになりますね。

この1000万円のマンションを買ったときの頭金200万円がCFD取引の「証拠金」で、この場合の「レバレッジ」は1000万円÷200万円で「5倍」ということになります。

証拠金取引とは? 論より証拠、とりあえずやってみよう

だいたいの概念が分かっていただけたかと思うので、CFDの中でも一番ポピュラーな「日経平均株価」をサンプルに解説を進めていきたいと思います。

CFDの日経225は「日経225先物」がベースになっていますので、実際の日経平均株価とはすこしズレた値動きをしますので、そこは注意してください。

余談ですが、日経225先物は日経平均株価×1000倍が取引単位になっていますので、日経平均が18000円だとすると、1800万円が最低の取引価格になります(実際はレバレッジがあるので、半分程度になります)、コレの子分の「日経225先物ミニ」でも×100倍なので、180万円と、とても一般の投資家が手を出せる商品ではありません。

CFDの日経225は「日経225先物ミニのさらにミニ」みたいなモノで、取引単位が×10で、レバレッジが10倍なので、ほぼ日経平均と同額が取引単位(1玉建てるのに必要な金額)になります。

日経平均が18000円なら、18000円ですね。しつこいですが。

GMOクリック証券のCFD取引画面です。もちろんデモ・トレードですが。

赤線部で「成行」(ASKの値段で買うこと)で”10”単位の買い注文を入れようとしてます。

日経225・買・成行・10(単位)の注文確定寸前です。

一番下のスリッページはとりあえず気にしないでください。

買いました。

18316円で10単位買いましたので、「拘束証拠金」が183160円になっています。

ここは「売った」場合も同じです。

あとは上がるが下がるかは運次第・・・いやいや、本来は注文を入れる前に、さまざまな予想、検証をしますので、このワンクリックが結構な緊張感なんです。

冷静に考えれば、これだけで18万円分の買い物をしたのと同じことになりますので、かなり非日常的な体験だと言っていいでしょう。

とはいえ、私たちが注文を出すときにやる作業といえば「売買の値段と数量を決める」ことだけですので、マジでクリック2,3回で済みます。

それだけに、誤注文や入力ミスには注意の上にも注意して作業を進めてください。一度発注してしまったら「修正は絶対にできません」ので。

次は⇒「証拠金維持率」とは?安全性を重視して日経CFDで利益を上げるべき

TOPはこちら
⇒CFDで利益を上げるための方法【CFD入門】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です